ラテンアメリカ.jpとは お知らせ BIZEN中南米美術館情報 概要 アクセス 最新展示・催し物情報 今月のクローズアップ 出張講演サービス 館内ツアー受付 ミュージアムショップ 備前市観光情報 ラテンアメリカ関連情報 民族学ストーリー 関連イベント情報 クッキングレシピ 関連書籍紹介 関連情報&リンク メールマガジン登録 リンクについて 広告について 個人情報について サイトマップ お問い合せ

BIZEN中南米美術館情報

BIZEN中南米美術館概要

概要・沿革

 BIZEN(備前)中南米美術館は、日生(ひなせ)町で漁網の製造・販売を営んでいた故森下精一氏のコレクションの寄贈により、昭和50年3月に開館しました。
 森下氏は商用で南米を訪れた時に古代アメリカ文化の遺物に触れ、その魅力にとりつかれて以来蒐集を重ね、やがて中南米10カ国に及ぶ質量ともに優れたコレクションを持つに至りました。この収集品が専門家の鑑定の結果、学術上・美術史上極めて貴重であることが明らかとなったため、一般に公開することを決意し、蒐集品と美術館の全施設を寄贈し、本美術館を設立しました。美術館の外壁は、岡山県重要無形文化財備前焼作家故藤原建氏の制作による、約1万6千枚もの備前焼の陶板で覆われています。
 生前森下氏が常に希望していたように、地域文化の復興の一助となることと共に、多くの方が当館を通して中南米の古代文化に親しんで下さることを念願しています。

収蔵品概要

 収蔵品は、古代アメリカ大陸で作られた土器・土偶・石彫・織物を中心に約1800点に及びます。
 古代アメリカには、三つの主たる文明がありました。一つはメキシコ中央高原を中心に広域的解釈ではメキシコ湾岸、オアハカ地方などを包含する「メキシコ中央高原文明」、一つはメキシコ南部やユカタン半島から中央アメリカにかけての「マヤ文明」、そして最後に一部エクアドルそして主にはペルー、ボリビアで栄えた「中央アンデス文明」です。
 また、この間のコスタリカ、パナマ、コロンビア、エクアドルの「中間地帯」には特色ある文化が栄え、現在のドミニカ共和国を中心とした「カリブ海地域」にも個性豊かな農耕文化が栄えました。
 BIZEN(備前)中南米美術館は、これらの多彩な古代アメリカの貴重な遺産を収蔵・展示しています。

開館時間

   午前10時から午後5時(入館は午後4時30分まで)

休館日

開館日はトップページ左下カレンダーをご確認ください。

※来館一週間前までに2名様以上でご予約の場合は休館日も開館致します
詳しくはフリーダイアル0120−346―287(土・日・祝日は0869−72−0222)までお問い合わせ下さい。

入館料

  大人 大学生・高校生 中学生・小学生
個人 700円 500円 300円
団体(20名以上) 600円 400円 250円

 障がい者手帳をお持ちの方(ご本人様と付き添いの方1名様)は入館料から200円割引いたします

住所・連絡先

〒701-3204 岡山県備前市日生町日生241-10 →アクセス・地図はこちら
TELフリーダイアル0120−346―287(土・日・祝日は0869−72−0222)・FAX:0869-72-0222
 MAIL:info@latinamerica.jp

©2016 BIZEN中南米美術館 このサイトに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。